⑪ダウン症に関するニュース

園児の声がうるさいと訴えた裁判

神戸市の男性が園児の声がうるさいと保育園を提訴した裁判は、2017年12月19日、最高裁の決定で上告が退けられました。

男性は、保育園から10メートル離れたところに住んでいます。

園児の声、太鼓、スピーカーの音により、平穏な生活が遅れないことを訴えていました。

一審(地裁)、二審(最高裁)ともに「限度を超えた騒音ではない」、「不快に感じる人もいれば微笑ましいという人もいる」として退けています。

そもそもこの保育園は、1年も住民説明会を開いており、住民の要望を聞いたうえで高さ約3メートルの防音壁を設置していました。

今回の裁判は、「被害が一般社会生活上受忍すべき限度を超えるものかどうかによって決するのが相当である」という判断基準で決定されており、公共施設であるかどうかは考慮されていないようです。

もし、園児の声などが基準を超えるものであった場合、敗訴していた可能性があります。

東京都の場合ですが、保育園や幼稚園などで発せられる子供の声、足音、遊具、楽器音などは、騒音規制の対象外とする条例について検討されています。

環境確保条例における子供の声等に関する規制の見直しについて(概要)

そもそも昔は、このような提訴はなかったとと思います。

住民同士のつながりが薄くなってきたからでしょうか。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

-⑪ダウン症に関するニュース

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.