①日々所思(思うところ)

ダウン症児は、がっかりさせたくないと思っている?

最近、よくわかったことがあります。

早希ちゃんは、周りの人たちをがっかりさせたくないと思っているということです。

何か早希ちゃんにやらせるとなかなかうまくできないことが多いです。

例えば、訓練などで早希ちゃんに何かをやらせようとします。

なかなかできないため、次第にやらなくなります。

最初は、本人がやる気をなくしている、試されているのを嫌がっていると思っていました。

でもほめるとやるようになることもあります。

どうも、早希ちゃんは、周りの人ががっかりさせたくないと思っているようで、がっかりさせるようなことはやらないのではないかと思うようになりました。

例えば、早希ちゃんは、まだ言葉が言えません。

言葉以外のことはなかり分かっているのでなぜしゃべらないのだろうと思っていました。

もしかしたら、うまくしゃべれないため、私たち親をがっかりさせないようにしゃべらないのではないか。

きっと早希ちゃんは、私たちががっかりした表情から読み取っていたのかもしれません。

ダウン症児は、おそらく周りの人たちの反応を想像以上に気にしているのではないでしょうか。

そしてがっかりさせたくないと思っているのではないでしょうか。

優しいからこそそう考えるのかもしれません。

このことが分かってから、早希ちゃんに何かをやらせるときは、できなくても褒める、がっかりした表情はしないようにしています。

「凄い早希ちゃん、よくできたね!」

と褒めています。

できなくてもいいのです。

できなくてもがっかりするのではなく、よくできたと褒めることが成長につながると思います。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.