①日々所思(思うところ)

ダウン症はマイナスではない、とても尊いもの

毎日新聞社、RKB毎日放送主催で「第22期九州文化塾」が4月7日にアクロス福岡(福岡県福岡市中央区天神1丁目1番1号)で開講しました。

第1回目は、ダウン症書家の金澤翔子さんと母の泰子さんの講演でした。

関連記事 ダウン症の天才書道家 金澤翔子さん

講演のテーマは「共に生きる」です。

私は講演を聞いていませんが、この講演の中で「障がいはマイナスではない。とても尊いもの」と語ったそうです。

どのような内容かは知りませんが、「障がいはマイナスではない。とても尊いもの」という言葉から思ったことについて述べます。

障がいはマイナスではない

ダウン症のある方は、生まれたときからダウン症です。

健常者から見れば、知的障がいなどの合併症があるダウン症者は、マイナスに見えるかも知れません。

ダウン症のある方からしてみれば、はじめからダウン症であった訳ですから生まれたときは、マイナスでもプラスでもなく0の状態です。

健常児よりも成長はゆっくりでも、確実に歩けるようになり、言葉も喋れるようになります。

成長している訳ですから、これらは全てプラスの要素です。

そのため、ダウン症はマイナスではありません。

マイナスのイメージは、健常者の価値観が作り出したものであると言えます。

尊いもの

障がいがあろうとなかろうと命の重さは同じです。

全ての人の命は尊いのです。

決して優劣がある訳ではありません。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.