①日々所思(思うところ)

親の立場から見た出生前診断

以前、ダウン症者の立場からの出生前診断について記事を書きました。

出生前診断については記事「出生前診断とは?」を見てください。

ダウン症者の立場からは、ダウン症があろうとなかろうと命の重さは同じであり、ダウン症であるという理由で中絶させてしまうのは、納得できないことであると思います。

関連記事 ダウン症者の立場から見た出生前診断

一方、親の立場ではどうでしょうか?

親は、子供を育てていかなければなりません。

子供を育てること自体、大変なのは当たり前のことであり、ダウン症児が特別なわけではないと考えている人もいます。

しかし、現実的には、ダウン症児は健常児よりも育てるのが大変であることは事実として受け止めなければならないと思います。

合併症の重さにもよりますが、合併症がほとんどなかった私たちの早希ちゃんであっても大変なことが多々ありました。

例えば、トイレを含む身辺自立ができず大変な苦労がありました。

そのため、ダウン症児を持つ親が次の子を妊娠した際、出生前診断を受けることが多いようです。

いろいろな意見はあります。

ダウン症児の親であっても出生前診断に肯定的な意見は多いようです。

先日、日本ダウン症協会の代表理事である玉井邦夫先生の講演を聞きましたが、日本ダウン症協会としては、出生前診断を反対はしていないそうです。

私個人の意見ではありますが、ダウン症者の命も大切ですが育てるのは親です。

ダウン症児を育てるためには、健常児以上に環境が整っていなければなりません。

育てるための環境が準備できないのであれば、子供も親も不幸です。

そうなると中絶という選択が出てきます。

しかしながらダウン症者の命も大切です。

全ての子供の命の重さが同じであるならば、ダウン症という理由で排除されるのはおかしいということになります。

非常に悩ましい問題です。

どちらか一方を取ることはできません。

となるとダウン症者の命と育てる親の両方も大切であるという結論に行きつくことになります。

しかし、これが正しい答えなのかどうかは永遠に分からないでしょう。

親が悩み抜いた結果として、中絶を選択するということはやむを得ないことなのかもしれません。

ただ、安易に中絶を選択するのではなく、ダウン症のことを良く知った上で決断して欲しいと私は願います。

関連記事 出生前診断でダウン症と判定された方へ

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

おすすめ記事

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.