12歳

言葉を話すことができない早希ちゃんの視力検査は?

先日、大学病院の眼科で早希ちゃんの視力検査を行いました。

いつもは、平日なので妻と早希ちゃんだけなのですが、たまたま私が休みを取っていたため、3人で大学病院に行きました。

以前、次の記事で紹介しましたが早希ちゃんの視力検査は面白いのです。

早希ちゃんの視力検査が面白い

早希ちゃんは、言葉でコミュニケーションを取るのが苦手なので前回の視力検査のとき、絵のように視力検査表のランドルト環の空いてる向きを手で表していました。

今回、写真のようなランドルト環の小道具を使っていました。

早希ちゃん、先生が示したランドルト環の空いている向きに合わせてクルクル回します。

まるで遊んでいるようです。

少し長い時間やっていたので飽きてきたのか、後半はいい加減になってしまい、ランドルト環の空いている向きが適当になってしまいました。(笑)

この後、目薬を目に入れるのですが、早希ちゃん、目薬を目に入れるもんかと目を固く閉じてしまいます。

先生は、目をこじ開けて入れていました。

前回は、待合室に響き渡るくらい大きな声を出して騒いでいたそうです。

今回は、比較的、大人しい方だったようです。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

オススメ!

  とても分かりやすく楽しく実践できます。もっと早くこの本を知っていればという方が多いようです。

-12歳

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.