⑧研究成果 ⑪ダウン症に関するニュース

ダウン症のチンパンジー、国内で発見

ダウン症のチンパンジーを発見したそうです。

世界2例目となるそうです。

発見したのは、京都大野生動物研究センターの平田聡教授らです。

ダウン症の研究が進むことが期待できるそうです。

ダウン症のチンパンジーが最初に発見されたのは、1969年のことです。

1例目は1歳半で死亡しています。

発見されたのは、京大のチンパンジー保護施設「熊本サンクチュアリ」(熊本県宇城市)で飼育している24歳のメス「カナコ」です。

生後約10カ月で両目が白濁し視力が低下し、その後、緑内障を発症しました。

また22歳のときに心臓病が見つかったとのことです。

今回、染色体検査をしたところ、ダウン症であることが分かりました。

 

ダウン症のチンパンジー、国内で発見 京大、世界2例目

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

 

オススメ!


-⑧研究成果, ⑪ダウン症に関するニュース

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.