⑨制度

ダウン症の親の会とはなに?

ダウン症の親の会は、ダウン症者の家族、支援者などが運営する任意団体です。

どこの地域にもあると思います。

早希ちゃんが生まれるまで、親の会のことは知りませんでした。

親の会は、早希ちゃんが生まれた後、市から派遣された保健師から教えていただきました。

またネットで調べるとすぐに見つかると思います。

1.親の会とは何か

私たちが参加している親の会の活動は以下のようになっています。

他の親の会も基本的には交流会がメインでその他、イベントなどがあると思います。

  • 月1回の交流会(月1回)
  • 動作法、言語などの個別指導(2回)
  • クリスマス会などイベント(年数回)

会費は年間数千円程度です。

2.メリットは

親の会のメリットは、同じダウン症児を持つ家族同士で情報交換することにあると思います。

ダウン症児をもつ先輩の生のお話はとても参考になると思います。

就学、療育についてとても参考になるアドバイスをもらえると思います。

その他、ダウン症を持った方と実際に接することで、自分の子供の将来像がイメージ出来ると思います。

それほど会費は高くないため、お勧めです。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

おすすめ記事

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

-⑨制度

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.