⑧研究成果 ⑲その他

ダウン症の人、9割が「毎日幸せ」 厚労省が当事者調査

厚生労働省よる意識調査の結果、ダウン症の人の9割が「毎日幸せ」ということです。

 

「毎日幸せに思うことが多いか」・・・・・・・・・・・・・・・・・ 71%
「ほとんどそう」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20%

「両親など周りの人は自分のことを大事に思っていると感じるか」・・・83%
「ほとんどそう」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12%

「友達をすぐ作ることができるか」「ほとんどそう」・・・・・・・・・74%

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e7%97%879%e5%89%b2%e5%b9%b8%e3%81%9b

 

ダウン症当事者のことをよく知ってもらい、適切なカウンセリングや支援体制につなげる狙いで行われた調査だそうです。

結果は、海外で過去に行われたダウン症の当事者の研究結果ともほぼ一致するそうです。

 

障がい児は健常児とは別な人生を歩んでいます。

健常児のように競争する必要もない、一生安定した生活が保障されています。

幸せな人生を送れるような国の制度のおかげです。

またダウン症の人は穏やかな人が多いため、人から愛されやすいのだと思います。

だからまわりの人が守ってくれます。

うちの早希は争いが嫌いで、人が悲しんでいると一緒に悲しみ、人が落ち込んでいると慰めてくれ、そしていつも ニコニコして場を和ませてくれます。

うちの早希を見ているとダウン症の人の9割が幸せな理由がわかる気がします。

 

元の記事

http://www.asahi.com/articles/ASJBX5FSTJBXUUPI001.html

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

-⑧研究成果, ⑲その他

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.