⑧研究成果

ダウン症は治せる病気になるのか?ダウン症改善の化合物について

胎児に与えるとダウン症の症状が改善される化合物「アルジャーノン」が見つかったというニュースが昨日、流れました。

関連記事 ダウン症、胎児中に症状改善させる化合物発見?

近い将来、ダウン症の症状が改善される方法が確立されることは間違いないでしょう。

ダウン症は、人間一人ひとり違いがあるように、ダウン症も生まれつきの特性の一つという考え方があります。

そもそもダウン症は21番目の染色体が2本あるところ3本あることから、様々な合併症を引き起こします。

今回、発見された化合物「アルジャーノン」は、ダウン症そのものをなくしてしまうものではないようです。

ダウン症でありつつ、合併症の一つである知的障害の発現を抑えるものです。

しかし、このまま技術が進歩し、ダウン症そのものなくしてしまう方法が確立されたらどうでしょうか?

つまり、21番目の染色体が3本にならないようにしてしまうということです。

どこまで人間の手を加えるべきかという問題が起きます。

風邪を治す、

癌を治療する、

これらは、治すべき病気であり誰も疑問には思わないでしょう。

目の色の違い、髪の色の違い、肌の色の違いはどうでしょうか?

これらは病気ではありませんので治療ではないでしょう。

ではダウン症はどうでしょうか?

人のバリエーションの一つであるならば病気ではないため、治療するということは少し変です。

化合物「アルジャーノン」を含め、ダウン症の症状改善に関する技術はこれから、いろんな議論が起こると思います。

2018.2.15追記

命の選別ではなく、症状改善であれば受け入れられるのではないかと私は考えています。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

-⑧研究成果

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.