⑪ダウン症に関するニュース

障がいのある子供の写真をインスタグラムに削除される?

更新日:

イギリスに住むチャーリー・ベズウィックさん(38歳)は、双子の母親です。

双子は、オリバー君とハリー君です。

ハリー君は、ゴールデンハー症候群という障害を持っています。

ゴールデンハー症候群とは、発症率が2万分の1程度であり希少疾患です。

ハリー君は、生まれつき、左の眼窩(がんか)※がなく、鼻、耳が未発達です。

※眼のくぼみのこと

母のチャーリーさんは、障がいがある子供たちを支援するための団体を立ち上げたり、テレビに出演したり、インスタグラムに日常の写真を日々、投稿しているそうです。

チャーリーさんのインスタグラム ouralteredlife

そんなとき、9月10日にハリー君の写真をインスタグラムに投稿したところ、投稿が2日後にインスタグラムにより削除されてしまったそうです。

どうも、誰かがガイドラインに違反しているとしてインスタグラムに通報したそうです。

投稿した写真は、ハリー君がいつも装着している義眼がない状態のものでした。

投稿が削除されたのは、今回で2回目だそうです。

私もインスタグラムに投稿されたハリー君の写真を見ましたが、とてもかわいらしい笑顔の写真でした。

通報する方も問題ですが、インスタグラム側にも問題はありそうです。

どのガイドラインに違反したというのでしょうか。

チャーリーさんがこの事態をTwitterで投稿したところ、多くの方がインスタグラムに抗議したそうです。

その後、12日には写真は元通り掲載されたそうです。

インスタグラム側は、

「ミスにより削除したがすぐに対応し、一家には謝罪をした」

と述べているそうですが、チャーリーさんは、いまだインスタグラムから謝罪は受けていないそうです。

チャーリーさんのサイト Our Altered Life

私もインスタグラムに早希ちゃんの写真を毎日、投稿していますが削除されたことはありませんし、削除されてしまったという話も聞いたことはありません。

一応、通報があっても機械的に処理はせずに人の目で確認しているとは思いますが、たまたま起こったことなのでしょうか。

その他

早希ちゃんのインスタグラムです。

フォローしてもらえると早希ちゃんが喜びます。

早希ちゃんのインスタグラム

 

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  お友達にダウン症を知ってもらうための本です。小さい子でも理解できるようにやさしく説明しています。大人の方が読んでもよいと思います。

おすすめ記事

オススメ!

  お友達にダウン症を知ってもらうための本です。小さい子でも理解できるようにやさしく説明しています。大人の方が読んでもよいと思います。

-⑪ダウン症に関するニュース

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.