10歳

早希ちゃん、教育実習生のお別れのお手紙を見て泣く

教育実習生の最終日、お手紙をもらい早希ちゃんは泣いたそうです。

お手紙です。

  • ○○○○さきさん
  • さきさんの「はなまる
  • ・うれしいことがあると、にこにこかわいくわらうところ
  • ・はなまるをめざしてがんばってうんどうしていること
  • ・おてつだいをたくさんがんばってくれるところ
  • ありがとう!
  • ○○○○せんせいより

頂いたお手紙の写真です。

介護体験の学生さんとのお別れするときも、目を押さえていたそうです。

早希ちゃんは、感受性の強い子です。

ダウン症の子はほとんどそうかもしれません。

言葉はまだ言えなくても、言っている言葉や、その場の雰囲気はとても敏感に感じ取っています。

言葉でコミュニケーションがうまくできない分、表情、雰囲気を読み取る力が強いのかも知れません。

また今までもそうでしたが、女性の教育実習生は、早希ちゃん大好きみたいでお別れのときは必ず泣いていました。

今回も同じですね。

教育実習生の先生も、早希ちゃんとの経験を通して良い先生になれると思います。

早希ちゃんは、これからも数多くの出会いとお別れを経験するでしょう。

私たちと同じく、そうやって成長していくのでしょう。

学校ではありませんが最近の写真です

床屋で髪を短くしました

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  とても分かりやすく楽しく実践できます。もっと早くこの本を知っていればという方が多いようです。

 

 

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

-10歳

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.