④ダウン症に関する課題

命の選別か?着床前スクリーニングとは?

不妊で苦しんでいる夫婦は多いと思います。

体外受精でも妊娠できない場合、着床前スクリーニングという方法が有効とされています。

着床前スクリーニングとは、受精卵に染色体異常がないかどうかチェックするというものです。

流産の原因の一つとして染色体異常があります。

着床前スクリーニングにより、染色体異常がない受精卵を選び、子宮に戻せば流産となる可能性は減ります。

不妊治療されている方にとっては、妊娠の可能性が高くなります。

しかし、日本では重篤な遺伝性疾患児を出産する可能性などがある場合には認めらるようですが一般的には認められていません。

着床前スクリーニングに似たようなもので、新型出生前診断というものがあります。

これは、胎児に染色体異常があるかとうかを検査するというものです。

既に胎児の状態であるため、もし、染色体異常があった場合、中絶するかどうかの選択を迫られることになります。

 

着床前スクリーニングは、次のような問題があります。

  • ①男女の産み分けが可能となる
  • ②染色体異常を除外するということは、ダウン症などの命の選別につながる

海外では、男女の産み分けに使われることもあるようです。

ダウン症などの染色体異常は、流産の可能性があるため、真っ先に選別されてしまうことになります。

今は、重篤な遺伝性疾患児を出産する可能性がある場合のみに着床前スクリーニングが認められていますが、もし、これが誰でも行うことが出来るようになるとダウン症などのトリソミーは選別されて生まれてこないことになります。

不妊治療されている夫婦の立場で考えると着床前スクリーニングは希望を与えるものですが、一方、命の選別という問題もあり悩ましいところです。

なお、着床前スクリーニングは日本では行われていないため、海外で着床前スクリーニングを行っている夫婦もいるようです。

国内には仲介する業者もあるようです。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

おすすめ記事

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

-④ダウン症に関する課題

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.