④ダウン症に関する課題

障がい者だけでない!すべての人に利用可能なユニバーサルデザインとは?

ユニバーサルデザインをご存じでしょうか。

ユニバーサルデザインとは、1985年にノースカロライナ州立大学のロナルド・メイス氏が提唱したものです。

「できるだけ多くの人が利用可能であるようなデザインにすること」

これが彼が提唱したものです。

一見、バリアフリーと同じ考え方のように思えますが障がい者にだけを対象としたものでははありません。

ちなみにロナルド・メイス氏自身は障がいを持っていました。

子供の頃、ポリオに感染し、車いす生活となったようです。

そのような境遇からユニバーサルデザインという考え方が生まれたのでしょう。

さてユニバーサルデザインは、次の7原則から構成されています。

どんな人でも公平に使えること。(公平な利用)
使う上での柔軟性があること。(利用における柔軟性)
使い方が簡単で自明であること。(単純で直感的な利用)
必要な情報がすぐに分かること。(認知できる情報)
うっかりミスを許容できること。(失敗に対する寛大さ)
身体への過度な負担を必要としないこと。(少ない身体的な努力)
利用のための十分な大きさと空間が確保されていること。(接近や利用のためのサイズと空間)

この原則からもわかるように障がい者のみを対象としたものではありません。

「どんな事でも公平に使える」とは、男性、女性、大人、子供などいろんな人たちが使えるものであるということを言っています。

事例とては、駅の改札があります。

複数ある改札の中で幅が広い改札は見たことがないでしょうか。

この改札は、ベビーカーや車いすの人が通過しやすいように設計されています。

これがまさにユニバーサルデザインです。

他にもこのような商品があります。

児でも使えるはさみです。

これは、はさみの刃の部分にカバーを付けたもので幼児でも安心して使えるというものです。

このはさみは、2004年にグッドデザイン賞を受賞しています。


 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  とても分かりやすく楽しく実践できます。もっと早くこの本を知っていればという方が多いようです。

おすすめ記事

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

-④ダウン症に関する課題

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.