10歳

障害児と楽しく遊ぶ会「おこりんぼ」(東京学芸大学)

先日の日曜日、早希ちゃんは、東京学芸大学のサークルが主催する障害児と楽しく遊ぶ会「おこりんぼ」に初めて参加しました。

「おこりんぼ」は、毎月第三日曜日に開催しています。

対象は、小学2年生から中学3年生までの障害のある子どもたちです。

活動内容は、公園や博物館などへの遠足やキャンプだそうです。

ボランティアの方は、東京学芸大学の学生さんです。

特別支援学校などの先生を希望する人のほとんどはこのサークルに入るようです。

会費は年間で2万4000円となります。

その他、必要に応じて実費がかかるようです。

 

さて早希ちゃんの様子です。

初めて「おこりんぼ」に参加するため、東京学芸大学の集合場所に早希ちゃんを連れて行きました。

3人のボランティアの方が早希ちゃんのところに駆けつけましたが、会うのは初めてのためか早希ちゃんは照れてママにしがみついていました。

少し、ボランティアの方とお話しをしてから、早希ちゃんを置いて帰ろうとすると、なんと早希ちゃんもボランティアの方にバイバイをして帰ろうとするではありませんか。(笑)

ボランティアの方は、コントみたいと大笑いです。

早希ちゃんに「ここは楽しいところだよ」と何度が話をすると理解したのかボランティアの方について行きました。

その後は、一度も私たちの方を振り返らずに行ってしまいました。

早希ちゃんは、結構、クールなところがあります。

10:00から16:00までのイベントでしたが、帰宅した早希ちゃんの笑顔を見ると楽しかったようです。

本日のイベントで早希ちゃんが作ったものです。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  お友達にダウン症を知ってもらうための本です。小さい子でも理解できるようにやさしく説明しています。大人の方が読んでもよいと思います。

 

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

-10歳

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.