⑥就学 10歳

東京都の副籍制度を使い早希ちゃん、元の小学校に行く

更新日:

(小学校在籍していた頃の写真)

東京都の副籍制度を使って早希ちゃんは、小学校に行きました。

副籍制度とは、東京都の制度です。

特別支援学校の児童が、小学校、中学校に副次的に籍を置き、交流を図るというものです。

副籍には「直接交流」と「間接交流」の2つがあり、早希ちゃんの場合は、「直接交流」で小学校に行って授業に参加しました。

関連記事 障がい児の副籍制度とは

早希ちゃんが行った小学校は、早希ちゃんが3年生までいた学校です。

そのため、早希ちゃんを知っている生徒もたくさんいます。

ちなみにその小学校で復籍制度を使い、「直接交流」をしたのは早希ちゃんが初めてだそうです。

手紙の交換などを行う「間接交流」はあるようです。

今日は、4年生の普通級のクラスに行き、早希ちゃんの紹介を行いました。

ちゃんと早希ちゃんの机とイスもあります。

教室に入ると「あっ、早希ちゃんだ!」と言った子がいました。

小学校に在籍中、同じクラスだった子です。

そして特別支援学校の特別支援コーディネーターの先生から早希ちゃんの紹介がありました。

紹介では、早希ちゃんは、早希ちゃんのペースでお勉強するため、特別支援学校に行ったこと、言葉が苦手であること、でも本当は言葉は分かっていて、ジェスチャーで自己表現しているんだよとクラスの生徒に教えていました。

早希ちゃんは少し、緊張していたようです。

今日は、紹介のみでしたが、次回から授業に参加するそうです。

校長先生からは、早希ちゃんとの直接交流は、クラスの児童のためにもなるとおっしゃっていました。

帰りに特別支援クラスの生徒からも「あっ、早希ちゃんだ!」と言われました。

早希ちゃんは、有名人のようです。

 

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  とても分かりやすく楽しく実践できます。もっと早くこの本を知っていればという方が多いようです。

おすすめ記事

オススメ!

  とても分かりやすく楽しく実践できます。もっと早くこの本を知っていればという方が多いようです。

-⑥就学, 10歳

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.