⑪ダウン症に関するニュース

ダウン症と自閉症男性による天才アート企画展開催、京都で

更新日:

京都市中京区の堀川御池ギャラリーでダウン症の土屋彰男さん(46歳)と自閉症の大栁憲一さん(40歳)による天才アート企画展が開催されています。

現在、土屋彰男さんは、天才アートKYOTOに、大栁憲一さんは、洛西ふれあいの里授産園に所属しています。

この企画展、図形と数字がキーワードとのことです。

土屋彰男さんは、〇▽□などの形をした動物の絵を描き、大栁憲一さんは、配色された絵に数字を羅列しています。

どちらもとてもユニークでアート性抜群です。

この企画展は、2018年5月18日(金)から5月27日(日)まで開催しています。

お近くの方は行かれたらどうでしょうか。

いつも思いますが、ダウン症、自閉症のある方には、才能を持っている方が多いと思います。

ダウン症、自閉症の方向け絵の教室に参加していますが、彼ら彼女らが描く絵がとても素晴らしいものがあります。

何か特別な優れた感性があるのではないかと考えています。

さて、このブログで多くの才能を持った方を紹介していますが、私がまだ知らない方がまだまだたくさんいるようです。

これからも見つけ次第、紹介していきたいと思います。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行のお仕事です。
タスカジで家事代行のお仕事しませんか?最高時給¥2,100円

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

おすすめ記事

オススメ!


-⑪ダウン症に関するニュース

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.