①日々所思(思うところ)

PTAの仕事は大変だ!

世間でもいろいろ言われているPTAのお仕事についてです。

PTAの係は、1年ごとに決められます。

学校によって名称が異なるかもしれませんが、おおよそ次のような係となります。

  • 本部役員である会長、副会長、書記、会計
  • 委員会 各学年の委員2人
  • 企画委員 講演会企画
  • 広報委員 広報誌
  • 次年度の役員選出のための選考委員
  • 学校行事のボランティア

係は、1年ごとに変わりますが、1回、係を行うと基本的に2回目は回ってこないようです。

また子供一人につき1回、行うこととなっているため、二人いると2回することもあります。

仕事があり、忙しい人が多いため、なるべく軽い係を選ぶ方が多いと思います。

そのため、子供が入学してすぐに、軽い係に手を上げる方も多いと聞きます。

駐車場の問題点

係の集まりは、年中ありますが行事が近くなると週に2、3回あることも多いようです。

私たちの子供が通っている学校では、学校の駐車場が使えないため、車で学校に行くとなると近くのコインパーキングを使うことになります。

特に特別支援学校は、広範囲の地域から来る方が多いと思います。

子供が小さいため、自転車を使えない方は、どうしても車を使わざるを得ないところがあります。

コインパーキングを使うと1日、数千円かかることになります。

これが週に2、3回、集まりがあるため大変です。

仕事が改善されない問題

ノートは付けているようですが、基本的に前任者からの口頭伝承なので、いざ仕事をしようとするとよく分からないところがあり、試行錯誤で考えなければなりません。

またノートは紛失する可能性があり不安があります。

基本的に効率はよくないようです。

改善提案

時代も変わってきているので、もっとネットなどを活用すれば負荷が減るのではないかと思います。

例えば次のようにです。

  • 自宅で出来ることは自宅で行う、メールでやり取りできることはメールでやるなど、集まりは、必要最低限にする
  • Wordなどでやっていることは文章にきちんと残し、誰が見ても分かるように記録する
  • 忙しい人には自宅で行える仕事を分担してもらう
  • 必要でない仕事はやめる

そもそも、1年で係が変わるため、問題があっても次の人に引き継がれていないことも問題かもしれません。

1年終わったら反省会を行い、良かったこと改善すべきことを話し合ったらどうでしょうか。

その結果を記録し、次の人に引き継げば改善されていくのではないでしょうか。

私自身、PTAの係はやっていないのですが、妻から聞いた話でそのように思いました。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  お友達にダウン症を知ってもらうための本です。小さい子でも理解できるようにやさしく説明しています。大人の方が読んでもよいと思います。

オススメ!

  とても分かりやすく楽しく実践できます。もっと早くこの本を知っていればという方が多いようです。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.