⑧研究成果

意思疎通を支援するAAC「補助代替コミュニケーション」とは?

AACとは、Augmentative & Alternative Communicationの略で「補助代替コミュニケーション」のことです。

重い障がいのある人のコミュニケーションを補助するもので、以下の手段により、自分の意思を相手に伝えることを支援する活動のことです。

  • 本人の能力(音声,表情,サイン,身振りなど)
  • ローテク(文字盤,絵カード,シンボル,写真など)
  • ハイテク(電子機器など)
  • その他の手段の活用

障害保健福祉研究情報システムHPより引用

私たちの早希ちゃんは、まだ言葉を喋ることが出来ません。

今までは、意思疎通ができませんでした。

でもなんとなくこちらが言っていることは分かっているようです。

次の記事でも紹介しましたが、早希ちゃんは、iPadのソフト「えこみゅ」で今、自らコミュニケーションの勉強をしています。

早希ちゃんとのコミュニケーションが少し進歩!iPadで!

このiPadのソフト「えこみゅ」は、AAC「補助代替コミュニケーション」の一つです。

早希ちゃんが言葉を喋ることができないのは、声を出す、言葉を出すどこかの機能に問題があるせいではないかと最近、思うようになりました。

実は頭の中では、言葉を言っているのかもしれません。

当然、私たちの言っていることも理解しています。

ただ、自分から声を出して、言葉にして伝えることができないのです。

でもiPadのソフト「えこみゅ」でコミュニケーションできる可能性が見えてきました。

「えこみゅ」は、絵カードを押すと音声で絵を読み上げるというものです。

例えば、「ごはん」の絵カードを押すと、音声で「ごはん」と読み上げます。

早希ちゃんは、今、自ら絵カードを覚えています。

そのうち、全ての絵カードを覚えるでしょう。

コミュニケーションの範囲が広がるに違いありません。

動詞の絵カードがあるため、「ごはん」+「食べたい」という表現も可能です。

言葉がでなくても、この「えこみゅ」で会話が出来る日も遠くないかもしれません。

逆に「えこみゅ」を使うことで言葉が言えるようになるかもしれません。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

-⑧研究成果

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.