⑧研究成果

出生前診断に関する誤解!どんな障がいも診断できる訳ではない

「新型出生前診断」が2013年に日本でも導入されてから、今年(2018年)で5年経ちます。

「新型出生前診断」は、正式には無侵襲的出生前遺伝学的検査(non-invasive prenatal genetic testing:NIPT)と呼ばれます。

「新型出生前診断」の革新的なところは、20ccの血液で99.1%の精度で検査が行えることです。

この容易に検査が行えることが、「出生前診断」の拡大につながるのではないかと社会的な問題となりました。

そのため、今までは臨床研究に限定された病院でしか「新型出生前診断」を受けることが出来ませんでした。

しかし、日本産科婦人科学会は、2018年3月3日、臨床研究に限定してきた「新型出生前診断」を一般診療で受けられるよう決定されました。

関連記事 新型出生前診断、臨床研究から一般診療へ拡大(アンケート実施)

さて、この「新型出生前診断」ですが、全ての障がいを診断できる訳ではありません。

13トリソミー、18トリソミー、21トリソミー(ダウン症候群)など染色体に限定して診断するものです。

実際に「新型出生前診断」を受けて陰性と診断された妊婦が出産してみたら、障がい児が生まれたというケースもあるようです。

数ある障がいの4分の1しか診断できないそうです。

「新型出生前診断」は、20万円程、かかりますが、それでも受ける価値があるかどうかは、個人の考え方によるものなので否定はしません。

私たちの場合、おそらく「新型出生前診断」は受けないだろうと思います。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

-⑧研究成果

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.