③ダウン症に関する疑問・悩み ⑧研究成果

第一子と第二子でダウン症の発症率に違いはある?

ダウン症のリスクは、年齢とともに高くなると言われます。

初産の年齢は関係あるのでしょうか?

また、第一子と第二子では違いはあるのでしょうか?

結論から述べると第一子と第二子で違いがある訳ではなく、単純に生んだ年齢のみが関係するようです。

子供を産んだ回数によってダウン症の発生率が高くなるという訳ではないようです。

早く生んだ方がリスクは少ないようです。

元記事

第一子と第二子でダウン症の発症率に違いは?

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

 

オススメ!

  とても分かりやすく楽しく実践できます。もっと早くこの本を知っていればという方が多いようです。

-③ダウン症に関する疑問・悩み, ⑧研究成果

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.