⑧研究成果 ⑪ダウン症に関するニュース

ダウン症者の認知能力の治療が可能になる?

ダウン症者の認知能力の治療が可能になるかもしれません。

2019年6月11日、韓国の蔚山科学技術大学(UNIST)生命科学部の研究チームの研究成果について報道がありました。

神経幹細胞(※)から神経細胞が作り出される過程でDSCR1が中心的な役割を持っていることが分かったそうです。

※神経細胞を複製することができる細胞

DSCR1は、血管を作り出すための遺伝子として知られています。

以前、このブログでも紹介しました。

ダウン症者は癌になりにくい?

ダウン症の場合、DSCR1が一つ余分にあります。

DSCR1が一つ余分にあることによるメリットは、癌になりにくいことです。

ダウン症モデルマウスを使い、DSCR1を正常数にしたところ、脳神経細胞および学習・記憶障害が正常になったということです。

論文 Down syndrome critical region protein 1 (DSCR1)

ただこの結果が、将来、成長したダウン症者にも効果があるのかどうかまではわかりません。

私は専門家ではないので詳しいことは分かりませんが、恐らく初期の胎児の間にしか効果がないのではないかと思います。

もし、効果があるとしても、DSCR1を正常数にするということは、癌になる確率を増やすのではないでしょうか。

他にもダウン症者の認知能力の治療に関する研究はいろいろされています。

以前、紹介した次の記事もそうです。

ダウン症に関する最近の研究(マウス実験でダウン症からの回復に成功など)

最近では、2017年に話題になった化合物「アルジャーノン」もあります。

「アルジャーノン」も神経細胞を増やす効果があると言われています。

ダウン症、胎児中に症状改善させる化合物発見?

将来的には、ダウン症者の知的障害の治療ができるようになるかもしれません。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

オススメ!


-⑧研究成果, ⑪ダウン症に関するニュース

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.