③ダウン症に関する疑問・悩み

早希ちゃんとのコミュニケーションが少し進歩!iPadで!

早希ちゃんは、現在、11歳ですがまだ言葉をしゃべることが出来ません。

小さい頃は、単語のような言葉を少し喋れたと思いますが、引っ込んでしまったようです。

先日、早希ちゃんにiPadminiを誕生日のプレゼントしてあげました。

そして以前、このブログで紹介したアプリ「えこみゅ」をインストールして使わせました。

関連記事 発話が難しい子の意思を伝えるアプリ「えこみゅ」(無料)

これが素晴らしい効果を発揮しています。

例えばこのような感じです。

テレビの前に座っているとき、見たいアニメがあるときは、iPadを自分で電源をオンにして、アプリ「えこみゅ」のクレヨンしんちゃんの絵カードを指で押します。

そうすると「しんちゃん」と録音した音声が再生されます。

私たちはそれに気づき、クレヨンしんちゃんの録画を再生します。

このようなことを繰り返すと早希ちゃんは、して欲しい絵カードを押すと理解してくれるということが分かったようです。

その他、ママの絵カードを押しては、ママの顔を向いてニコニコしたり、お兄ちゃんの絵カードを押しては、お兄ちゃんを呼び指したりしています。

今まではこのようなことはできませんでした。

また夕飯でごはんを食べるときは、ごはんの絵カードを押します。

そろそろお風呂に入りたいときは、お風呂の絵カードを押します。

凄い進歩です。

早希ちゃんがしたいことが分かるようになりました。

まだ単語レベルですが、動詞も組み合わせることが出来るため、もう少し訓練すれば文章での会話が出来るかもしれません。

とても楽しみです。

えこみゅ

えこみゅ
開発元:LITALICO Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

オススメ!


-③ダウン症に関する疑問・悩み

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.