①日々所思(思うところ)

ダウン症育児の心得1 ダウン症児は自分を不幸とは思っていない

今日からダウン症育児の7つの心得についてお伝えしたいと思います。

本日は、「ダウン症児は自分を不幸とは思っていない」についてです。

このブログでも何度か取り上げましたが、厚労省の調査によるとダウン症のある人の9割は、「毎日幸せ」と回答しているそうです。

記事 ダウン症の人、9割が「毎日幸せ」 厚労省が当事者調査

下図のように「毎日と合わせに思うことが多い」と「ほとんどそう」を合わせると91%にもなります。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e7%97%879%e5%89%b2%e5%b9%b8%e3%81%9b

ダウン症のある人が幸せに感じている一方、両親は不幸ではないかと感じている人は多いのではないでしょうか。

両親が不幸ではないかと感じているのは、将来への不安から来ているのだと思います。

私たちも子供が生まれた時、将来、どうなるのだろうという漠然とした不安がありました。

でもなんとかなるものです。

ダウン症 親の会の先輩ママさんも言っていました。

国にダウン症児を守ってくれる制度もあり、将来、幸せに暮らせるようになっています。

関連記事 知らないと損!ダウン症者(障がい者)のために役立つ制度

その証拠が厚労省の調査結果であると思います。

「ダウン症児は自分を不幸とは思っていない」という心得で考えれば、気持ちが楽になるのではないでしょうか。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

おすすめ記事

オススメ!

  とても分かりやすく楽しく実践できます。もっと早くこの本を知っていればという方が多いようです。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.