①日々所思(思うところ)

ダウン症育児の心得2 育児はありのままで良い

投稿日:

最近、テレビではダウン症を持った人がよく登場するようになりました。

比較的、発達が良いダウン症児が登場しています。

あのような子供に育てたいと思う方が多い一方でなんでうちの子は発達が遅いんだろうと思っている人も多いと思います。

関連記事 ダウン症育児は無理せずに、ありのままでいい

私たちの早希ちゃんは、重度の部類に入り、11歳にもかからわず言葉を喋ることがまた困難です。

ダウン症の症状の範囲は広く、中には大学まで進む人もいます。

でもみんながそれを目指さないといけないのでしょうか。

たまに「ダウン症を持った人には才能がある」という人がいますが、その言葉は励ましではなく親にとっては負担になることもあります。

「何か才能を見つけなくてはいけないのか」というプレッシャーを感じてしまうのです。

でも、私は才能を発揮する子はそれでよいですし、特別な才能がなくても毎日、楽しく過すことも大切だと思います。

ここで言いたいのは、無理をせずに育児はありのままにで良いということです。

それは、子どもにとっても、親にとっても負担が少ないからです。

無理をせずにゆっくりと育てたいところです。

 

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  とても分かりやすく楽しく実践できます。もっと早くこの本を知っていればという方が多いようです。

おすすめ記事

オススメ!

  お友達にダウン症を知ってもらうための本です。小さい子でも理解できるようにやさしく説明しています。大人の方が読んでもよいと思います。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.