⑪ダウン症に関するニュース

ダウン症を持つ選手がダカールラリーに参戦!!

ダカール・ラリーとは、南米大陸において毎年1月に開催される砂漠やジャングルの中を走破するレースのことです。

2019年1月6日から開催されるダカール・ラリーは、ペルーのみで行われ、首都リマからスタートします。

全10ステージがあり、そのステージの7割が砂漠でかつ全長5500キロメートルもあります。

12日間にも及ぶ過酷なレースのため、毎年、リタイヤするチームが続出します。

このレースに25歳のルーカス・バロン(Lucas Barron)さんがダウン症者としては初めて参加です。

ルーカスさんの目標は完走です。

ルーカスの父親は、過去に5回、ダカール・ラリーに参加していますが、その父親と1年半、トレーニングを積んだそうです。

また、レースに参加するために必要な国際自動車連盟(FIA)のライセンスも取得したそうです。

これも凄いことです。

ダカール・ラリーへの参加条件は、メディカル検査の合格と必要書類を提出することのみだったそうです。

ダウン症という障がいを持っていることだけで参加できないということはないようです。

1月6日からスタートしているダカール・ラリーですがルーカスさんには是非、完走して欲しいと思います。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

-⑪ダウン症に関するニュース

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.