①日々所思(思うところ)

ユニークであることは価値がある!ダウン症児もユニーク!

更新日:

学校教育で私が思うことは、画一的、均一な人を育てようとしているように思えることです。

学校教育だけではありません。

私たちの意識の中にも、特に日本人は、同じように物事を考えて同じように行動することが良しとされています。

そこからはみ出てしまうと変わり者としてのけ者にされてしまう。

私の息子は、ユニークなところがありますが、そのユニークさのためかクラスでは少し浮いているようです。

そういうこともあり、学校ではあまり個性を出さないようにして、おとなしくしているようです。

でも、一歩、社会に出ると他の人とは違う考え方は、武器になります。

新しい発想は、画一的な考え方をする人間には出てきません。

だから息子には、今は分からないかもしれないがユニークであることは価値があることなんだと教えています。

そういう私も妻からはユニークだと言われています。

自分では分かりませんが。(笑)

そしてダウン症のある早希ちゃんは、特にユニークな存在です。

言葉では言い表すことが難しいですが、やることなすことが全て面白いのです。

早希ちゃんだけではなく、ダウン症のある子たちはみんなユニークです。

見ていてとても面白いのです。

今は、一部の方しかテレビに出ていませんが、そのうち、ダウン症を持ったお笑い芸人が出ても良いのではないかと思います。

これからは、もっとたくさん活躍する人が増えると良いと思います。

 

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

おすすめ記事

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.