①日々所思(思うところ)

障がい児に慣れていない人たち

投稿日:

昔は、障がいを持った人は、町でたまにすれ違う程度で学校などではほとんど接することはありません。

障がいを持った人は、外国人のように見ている人は多いと思います。

昔と違い、外国人は多くなったため、障がいを持った人よりは珍しくはないかもしれません。

普段、障がいを持った人に接することがないと、いざ、そのような人が突然、目の前に現れるとどう反応してよいか戸惑うことでしょう。

話は少しそれるかもしれませんが、父兄の集まりで自分の障がいを持った子供を紹介する際、障がいについて話をすると場が静まりかえることがあります。

これは、普段、障がいを持った人に接することがないため、戸惑っているのだろうと思います。

もし、障がいを持った人が、日常、普通に当たり前にいる環境の場合は、違った反応になっただろうと思います。

現状、障がいを持った人は、保護という意味で特別支援学校や作業所という場所に隔離されている状況であると思います。

隔離されているのですから、健常者は、日常、接することはない訳です。

だから目の前に突然、障がいを持った人が現れると戸惑うのだと思います。

だからインクルーシブ教育が重要になってくると思います。

インクルーシブ教育とは、健常者も障がいを持った人も包み込む教育という意味です。

健常者も障がいを持った人も共に学べる、そういった環境が必要だと思います。

 

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

おすすめ記事

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.