①日々所思(思うところ)

差別、偏見との戦い

l_020

ダウン症児を持つ親が一番心を痛めるのは、偏見と差別でしょう。

まだ赤ちゃんの娘をベビーカーに乗せて街に出ると、「可愛いですね」と言って下さる方がいる中で、

言葉には出しませんが、たとえば電車の中でじっと娘を見ている方もいます。

こんなこともありました。

ファミリーレストランの隣の席のお客さんがダウン症児の話をしていました。

どうも娘がダウン症とは気づいていないようです。

その方たちは、「ダウン症の人はみんな同じ顔をしているよね」といった内容の会話をしていました。

注意でもしようと思いましたが思いとどまりました。

注意をしたところでその方々とはまた会う機会がある訳ではありません。

またその方々も悪気がある訳でもありません。

私もダウン症の娘が生まれていなければ同じような会話をしていたかも知れません。

つまり知らないのです。自分とは遠い別のところのことのように思っているのです。近くに実はいることも知らずに。

私も娘が生まれてからダウン症の方をよく見るようになりました。

決して増えた訳ではありません。関心がなかったため見ていなかったのです。

先ほどの方のように無意識の差別、偏見は、ダウン症の人のことを知らない、接したことがないから起きるのです。

もっと近くにいれば、もっと接する機会があればそのようなことは少なくなるでしょう。

ところで先ほどのファミリーレストランのことですが、会計を済ませた後、店員が「申し訳ありませんでした」と言っていました。

心ある人も多いのです。

恐れずに外にでましょう。このような状況に慣れることも必要です。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  とても分かりやすく楽しく実践できます。もっと早くこの本を知っていればという方が多いようです。

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.