③ダウン症に関する疑問・悩み

親族にダウン症者がいる人への配慮

更新日:

ネット上で見かけた記事です。

あるAさんが、親族にダウン症を持った人がいるBさんに、出生前診断の話をしたそうです。

Aさんは、Bさんの親族にダウン症を持った人がいることを知りません。

Aさんは、もし、出生前診断だったら中絶するといっていたそうです。

それからしばらく経ち、Aさんは、Bさんに出生前診断の結果は、陰性だった、陽性でなくて良かったと言ったそうです。

それを聞いたBさんは、とても不快な思いをしたそうです。

Aさんがもし、Bさんの親族にダウン症を持った人がいることを知っていたら言わなかったかもしれません。

「陽性でなくて良かった」という気持ちは、素直なもので完全に否定することはできませんが、やはり、人前で言うことは避けた方が良いと思います。

相手の人を不快な気持ちにするかもしれないと思ったら言わないことです。

最近は、昔と違い、いろんなことに配慮する必要があります。

特にマイノリティの方々に対する配慮は、するべきです。

下手すると人間関係が壊れてしまいます。

 

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

おすすめ記事

オススメ!

  とても分かりやすく楽しく実践できます。もっと早くこの本を知っていればという方が多いようです。

-③ダウン症に関する疑問・悩み

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.