①日々所思(思うところ)

人は必ずどこかに適正がある!ダウン症専門医が進める陶芸とは?

人は、必ずどこかに適正があると私は思います。

誰でも得意なもの、不得意なものがあると思います。

でもほとんどの人は、自分は何か得意なのか、何に適正があるのか知らないのではないでしょうか。

知っているという人は、とてもラッキーな方です。

私たちの早希ちゃんは、今のところ、何が得意なのか、何に適正があるのかは分かりません。

以前は、絵を描いていましたが、今は、一日中、iPadでYouTubeを観ています。

絵画教室に行きましたが、周りには絵が得意なダウン症児がたくさんおり、早希ちゃんが特にうまいという訳でもありません。

このようなことをダウン症専門医に相談したところ、陶芸がよいのではないかと勧められました。

早希ちゃんは、工作などが大好きです。

もしかしたら、陶芸に興味を示すかもしれません。

そのうち、陶芸教室に通ってみようかと考えています。

凄い才能を発揮するかもしれません。

ところでダウン症専門医が陶芸を勧めたのには、ただ早希ちゃんが工作が好きだからではありません。

ダウン症を持った人も将来、自分で稼いで自立することが望ましいと思います。

ダウン症を持った人には、書道、絵画、音楽で才能を発揮した人がたくさんいます。

そういった才能を持った人が多い分野では、芽を出すことは難しいでしょう。

では、陶芸の分野はどうでしょうか。

ダウン症を持った人で陶芸の作品を作っている人はいます。

しかし、陶芸の作品にはいろんなものがあり、まだまだ入り込める余地はあります。

早希ちゃんが作る陶芸が認められたらどうでしょうか。

早希ちゃん自信にとってアイデンティティとなるのではないでしょうか。

それで稼げるようになったら、自立も可能でしょう。

ダウン症専門医は、ダウン症を持った人に自立して欲しいと思っています。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

おすすめ記事

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.