①日々所思(思うところ)

発達が良いダウン症児はなぜ発達が良いのか?

先日、成人した発達が良いダウン症者の親御さんの講演会に言ってきました。

最初のダウン症者は、小学校、中学校、高校は普通学級で勉強し、推薦で大学まで行った方でした。

しゃべり方も普通でした。

なんと英語ができるそうです。

どうやったら言葉をしゃべれるようになるのか、発達が促進されるのでしょうか。

私たちの周りにも発達が良いダウン症児がいます。

その子たちと親御さんを見た限り、何か特別なことをしている人は少ないように思えます。

特別な教育を受けることで能力は伸びる可能性はあると思います。

しかし、極端に伸びることはないだろうとも思っています。

特別な教育を否定している訳ではありません。

それ自体は必要なことです。

しかし、過度に期待しすぎない方がよいと思います。

講演会で説明されていたダウン症者は、ダウン症者の中のスーパーマン、ハーパーウーマンです。

みんながスーパーマン、ハーパーウーマンになる訳ではありません。

私は、健常児に近いダウン症者を目指すだけが目標ではないと考えています。

言葉がしゃべれなくてもいい、普通企業に勤めなくてもいい、

私たちがいなくなった後も子供が幸せに暮らせるようになればいいと考えています。

今、私たちの早希ちゃんを見ていると毎日が楽しそうです。

私はそれでいいと考えています。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

おすすめ記事

オススメ!


-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.