⑪ダウン症に関するニュース

母を失ったダウン症の娘と父の旅描く映画「わたしはダフネ」

映画「わたしはダフネ(DAFNE)」は、ダウン症を持った娘のダフネと父親のルイジの物語です。

物語のストーリーです。

物語の舞台は、イタリアです。

ダフネは、スーパーで働いていますが母のマリアは、突然亡くなり、生活は一変してしまいます。

父のルイジは、自分にもしものことがあったら娘のダフネは、どうなるのだろうとふさぎこんでしまいます。

ある日、ダフネは、父親に母が生まれた村に行こうと父親に提案します。

ここから父と娘の旅路が始まります。

 

主人公のダフネは、自身もダウン症を持つカロリーナ・ラスパンティです。

 

この方は、1984年,生まれでタフネと同じく普段はスーパーマーケットで働いています。

しかも、なんと自伝本を2冊、書いています。

This is my life (これが私の人生)

Meeting and knowing each other: Carolina´s world(出会いと知り合い:カロライナの世界)

なお、映画「わたしはダフネ」は、第69回ベルリン国際映画祭』パノラマ部門国際批評家連盟賞を受賞しています。

劇場公開は、2020年6月6日の予定でしたが新型コロナの影響で延期となっているようです。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

-⑪ダウン症に関するニュース

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.