⑲その他

パパ、風邪を引く?それとも新型コロナ?(治りました)

私(パパ)ですが、先週、風邪を引いてしまいました。

コロナではありません。

仕事はテレワークでほとんど外には出ないのですがコロナ禍の中、風邪を引いてしまいました。

かなり喉が腫れました。

先週の11月7日のことです。

いつも通っている病院に連絡すると12:30から一般の外来と重ならないように病院に来て欲しいとのこと。

12:30に予約して病院に行きました。

病院の待合室は、ビニールのカーテンで一般外来の人たちの席と仕切られていました。

当然、風邪を引いている人たちは、ビニールのカーテンで仕切られたコーナーの席に座ります。

熱を計り、その後、レントゲン撮影をしました。

私は風邪を引いても、なぜかほとんど熱は出ません。

むしろ低い方です。

いつもは35.5度くらい。

今回も熱はありませんでした。

そして医師の診察です。

レントゲン写真の結果は、特に問題はないそうで医師の話ではコロナの症状はなく風邪とのことでした。

しかし、私は風邪にとても弱く、次の日から強い咳が出てくるようになり、さらに怠さもあり、仕事はほとんど休んでいました。

十分、休養を取ったおかげで1週間たった今日(11月15日)は、咳も喉の痛みもなく、完全に治ったようです。

コロナと風邪の対策は基本的に同じだと思います。

十分に気を付けていましたが、風邪を引いてしまいました。

どこかに抜け穴があったのでしょう。

こうなるとコロナは完全には防ぎようがないように感じます。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  お友達にダウン症を知ってもらうための本です。小さい子でも理解できるようにやさしく説明しています。大人の方が読んでもよいと思います。

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

-⑲その他

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.