⑯早希ちゃんの画廊

「こどもアンデパンダン展」(早希ちゃんの作品)

更新日:

今日は、図工教室で作成した早希ちゃんの作品が展示されているということで、神奈川県県民ホールで開催されている「こどもアンデパンダン展」に行ってきました。

こどもアンデパンダン展は、「アトリエ太陽の子」主催です。

早希ちゃんが通っている図工教室は、「アトリエ太陽の子」に所属しています。

「アトリエ太陽の子」所属の約550名の生徒、児童の作品が一堂に集められ展示されていました。

アトリエ太陽の子(主婦の友 リトルランド)

ところでアンデパンダンは、フランス語で、自由、独立、無所属という意味です。

英語のインディペンデントにあたります。

無審査の展覧会という意味もあるそうです。

今回の展示会はまさに優劣をつけるのではなく展示されているため、まさに無審査の展示会です。

早希ちゃんの作品です。(左の下のオレンジの人の形の作品)

早希ちゃんを寝せてかたどったものに絵を描いたそうです。

自分の作品を見上げる早希ちゃんです。

自分の影を見て喜んでいます。

いろいろなポーズを取っています。

とても綺麗です。

自分の作品を指さしています。

これは何でしょうか。

サンゴ礁のようにも見えます。

これはタコでしょうか。

でも色が違いますね。

作品の中を走り回っています。

早希ちゃんにとって楽しい一日でした。

 

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

おすすめ記事

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

-⑯早希ちゃんの画廊

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.