⑪ダウン症に関するニュース

困難を乗り越えて結ばれたダウン症カップル

イギリスのエセックス州に住むトミー・ピリングさん(59歳)とマリアンさん(45歳)夫妻は、22年前に結婚しました。

トミーさんは、交際を開始してから1年半後に交際相手のマリアンさんの母リンダさんにプロポーズしたいと伝えたそうです。

22年前は、今よりもさらに世間は厳しかったに違いありません。

しかし、トミーさんとマリアンさんの交際に協力的だった母リンダさんは、結婚することを受け入れたそうです。

結婚したいと思っていたその時、トミーさんは、おもちゃの指輪を持っていたそうです。

母リンダさんは、きちんとプロポーズしてあげて欲しいと思い、トミーさんを宝石店に連れて行き、指輪を買ったそうです。

トミーさんとマリアンさんは、1995年7月に協会で式を挙げました。

当時、二人を結婚させることについて世間から批判を受けたそうです。

ダウン症のカップルの結婚生活がうまくいくわけがないと考える人もいたようです。

その世間の批判をよそにトミーさんとマリアンさんは、22年経った今も仲はとてもよく生活しているそうです。

二人は自立した生活を送っているが、隣人も手助けしているこれるそうです。

ダウン症をもった方も、大切なパートナーを見つけて幸せになれるよいケースだと思います。

トミーさんとマリアンさんのFacebook

https://www.facebook.com/maryanneandtom

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

おすすめ記事

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

-⑪ダウン症に関するニュース

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.