⑫ダウン症児を親族に持つ有名人

元テレ朝アナ龍円愛梨さんダウン症への取り組み

龍円愛梨さんは、「朝いち!!やじうま」などの情報番組や「『ぷっ』すま」などのバラエティ番組に出演していた元テレビ朝日のアナウンサーです。

2011年、テレビ朝日を退職し、カリフォルニア州に移住します。

そして2013年、移住先のカリフォルニアにおいて長男を事実婚の貿易商の男性との間に長男をもうけます。

その後、龍円愛梨さんは長男がダウン症であることを公表しています。

長男が生まれてから1か月後に医師からダウン症であることを告げられた時は泣き崩れたそうです。

長男が生まれる前、医師からは新型出生前診断を勧められていたそうです。

しかし、、どんな子でもうみたいから受ける必要はないと断ったそうです。

ダウン症であることを告げられた時に泣き崩れたのは、自責の念からだそうです。

龍円愛梨さんの母親の

「ダウン症だからって何?愛おしいって思う気持ちは変わらないでしょ?」

という言葉が支えになったそうです。

そして落ち込んだのはわずか1日だったそうです。

アメリカでは、公共機関からいろいろなサポートを受けられ、長男を育ててくれるチームが編成されたそうです。

それから2年半は安心して育児が出来たそうです。

しかし、日本ではそうはいきません。

公共機関からのサポートはなく、何をしていいのかわからない状態で育児をしなくてはなりません。

不安、悩みを抱えている多くの方がいるため、ニーズに応じた支援体制の充実や心のバリアフリーを目指したいそうです。

現在、都内でダウン症がある子と親のための教室を開催しているそうです。

 

インスタグラム始めました

https://www.instagram.com/yasuyuki.nakamura.19640412/

 

ダウン症児をもつ芸能人の記事

ダウン症児を持つ弁護士・大平光代さんの壮絶な半生
ヴァイオリニスト高嶋ちさ子さんとダウン症をもつ姉の未知子さん
ダウン症児をもつ松野明美さん「いちばんじゃなくて、いいんだね」
奥山佳恵さんの頑張らない育児のすすめ
広島カープの大瀬良大地投手とダウン症の弟との絆

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

 

おすすめ記事

オススメ!


-⑫ダウン症児を親族に持つ有名人

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.