⑱渓兄ちゃん

渓からの感謝の手紙(ジーンときました)

更新日:

息子の渓からの手紙です。

どうも学校で書いたようです。

卒業式のときに私たちに渡す予定だったようですが、忘れていたようです。

 

手紙の内容です。

お父さん、お母さんへ

いつも、いろんなことをしてくれたり、

話を聞いてくれたり、

色々ありがとうございました。

僕に悪口を言われたときや、

辛いとき、

優しく声をかけてくれました。

お父さん、お母さんの声かけが、

僕の心の支えになりました。

学校に行きたくなくなったとき、

相談に乗ってくれました。

何か欲しいと思ったときに相談して

買ってくれたお父さん、いつもあんな感じだけど

いつも感謝しています。

これからは物を大切にするよう頑張ります。

今、過去を振り返ると、

たくさんの出来事がありました。

そのとき、対応してくれた事にはいつも感謝しています。

お父さん、お母さん、ありがとう。

そしてこれからもお願いします。

 

「たんさんの出来事がありました。そのとき、対応してくれた事にはいつも感謝しています」と書かれていますが、

このたくさくの出来事の一つは、O157に感染したときのことだと思います。

渓は、3歳のとき、O157に感染、溶血性尿毒症症候群となり生死を彷徨いました。

不幸中の幸いですが、私が渓の異常にすぐに気が付いたため、早期に治療を行うことができました。

もし、気が付くのが1日でも遅れたらどうなっていたか分かりません。

渓には、病気のことは話しています。

おそらくそのときのことを感謝しているのだと思います。

いまだにその時の事を思い出し、助かってよかったと思っています。

※渓がO157に感染した時のことは、以下の関連ブログに記載しています。

 

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

おすすめ記事

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

-⑱渓兄ちゃん

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.