⑥就学 9歳(支援学校転校)

特別支援学校初日、早希ちゃんシクシク泣く

今日は、転学した特別支援学校初日です。

妻が早希ちゃんを学校まで送り届けました。

いつも兄の渓と一緒に学校に行くのですが、今日は別々なので早希ちゃんはシクシク泣いていました。

特別支援学校の始業式で早希ちゃんを紹介するため前に出てきてもらおうとしたところ、早希ちゃんが抵抗したためそのまま紹介したそうです。(笑)

クラスは4年2組で生徒は早希ちゃんを入れて5名です。

早希ちゃんは、早速、先生の膝に乗っかって絵本を見ていました。

早速、馴染んでいるようで大物です。

同じクラスの中にダウン症の児童がいます。

妻が言うには、秋雪くんに似ているそうです。

秋雪くんとは、ダウン症の障害をかかえて生まれた秋雪くんの生涯を記録した書籍「たったひとつのたからもの」で有名です。

テレビドラマにもなりました。

早希ちゃんと仲良くなって欲しいと思いました。

ところで明日は、兄の渓の中学校の入学式です。

中学校と特別支援学校の入学手続きをする中で気づきましたが、給食費は、中学校は月5000円、特別支援学校は6000円と特別支援学校の方が1000円高いようです。

何で高いのでしょうか。

食事に気を付けないといけない児童がいるからでしょうか。

ところで今日は、兄の渓の13歳の誕生日です。

ケーキでお祝いをしました。

渓の誕生日ケーキですが、早希ちゃんも渓と一緒に吹いてろうそくの火を消しました。

早希ちゃん、うれしそう。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

-⑥就学, 9歳(支援学校転校)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.