⑲その他

放課後等デイサービスを苦しめる?通所受給者証の指標該当とは?

1.通所受給者証とは

通所受給者証とは、福祉サービスを利用するための証明書です。

自治体から交付されます。

受給者証には以下の項目が記載されています。

  • 住所
  • 保護者の氏名、生年月日
  • 児童の氏名、生年月日
  • 交付年月日
  • 支援の種類
  • 支援量等
  • 給付決定機関

2.「指標」という項目が追加

上記の項目以外に今年度から「指標」という項目が追加されました。

これは、状態像判定というものによって、指標(該当、非該当)が決定されます。

この「該当」、「非該当」とは、簡単に言うと重度の障がい児であるかどうかということです。

この項目は、放課後等デイサービスなどの事業所の基本報酬を決定するために使されます。

基本報酬とは、事業所の収入です。

「該当」の割合によって基本報酬が決められます。

実はこの「指標」が曲者です。

3.指標が放課後等デイサービスを苦しめている

次の記事にも書きましたが、「該当」になるためにはハードルが高いのです。

大変なことに!放課後等デイサービスが存続できない!報酬見直しで?

食事、排せつ、入浴、移動のうち3つ以上について全介助 を必要でないと「該当」にはなりません

一部介助、全介助を選択する基準もあいまいです。

そのため、保護者によっては、全介助であるにも関わらず、一部介助を選択することがあり得ます。

そのようになると「該当」に当たる児童はほとんどいなくなってしまいます

これが、放課後等デイサービスなどの事業所を苦しめているのです。

現在、どのようになっているかというとこの「指標」について放課後等デイサービスから保護者に問い合わせが来ているそうです。

例えば、排せつ、入浴、移動が本当であれば全介助であるにもかかわらず、一部介助となっているため、見直してほしいというお願いです。

保護者から見れば、排せつ、入浴、移動は、少しは出来ているので、放課後等デイサービスの職員から〇〇君は、「本当は全介助ですよね」と言われると嫌な気持ちになると思います。

でも放課後等デイサービスの事業所からすると収入が減るため必死です。

このようなこともあり、自治体には、指標に関する苦情の電話が殺到しているようです。

また、この「指標」による別な弊害が起こりえます。

放課後等デイサービスにとって受け入れたがっているのは、指標該当かつ軽い発達障害児ではないかと言われています。

軽い知的障害児は手がかからないためです。

収入が高く手がかからないのであれば、そちらの方を選ぶ事業所が増えても不思議ではありません。

この「指標」のおかげで現場は混乱しています。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

おすすめ記事

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

-⑲その他

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.