③ダウン症に関する疑問・悩み

ダウン症、女性だけが原因?

更新日:

ダウン症のある子供は、母親の年齢とともに生まれる確率が高くなるというのが定説です。

これは、母親の年齢が上がるにつれて、子供のもとになる卵母細胞の染色体分離がうまくいかなくなり1本多くなってしまうためです。

参考記事 ダウン症の原因(最近の研究成果「タンパク質コヒーシン減少が主原因」)

母親の年齢によってダウン症のある子供が生まれる確率は次の通りです。

  • 20歳の場合 1667人に1人
  • 30歳の場合  952人に1人
  • 45歳の場合   30人に1人
  • 49歳の場合   11人に1人

データ Down_Syndrome_Risk_by_Maternal_Age-semilog.svg

このように一般的には母親が原因とされることが多いようです。

では、本当に母親だけが原因なのでしょうか?

アメリカの研究ですが、男性は35歳を超えるとセイショク細胞(セイシ)の量・質ともに悪くなり、遺伝子異常になるリスクが高くなるそうです。

ということは、男性にもダウン症となる原因があるかもしれないということです。

 

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  とても分かりやすく楽しく実践できます。もっと早くこの本を知っていればという方が多いようです。

おすすめ記事

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

-③ダウン症に関する疑問・悩み

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.