8歳

早希ちゃん、岡本太郎美術館に行く

2015年10月某日

岡本太郎といえは、「芸術はバクハツだ!!」の人ですね。

早希ちゃんは、週1回、図工教室に行っていますが、図工教室のイベントで川崎市にある岡本太郎美術館に行きました。

川崎市生田緑地という公園の中に岡本美術館があります。

川崎市岡本太郎美術館

生田緑地に、電車の車両が置かれていました。

岡本美術館まで歩きます。

企画展の案内です。

美術館にある池に、岡本太郎の作品が飾られています。

岡本太郎作「母の塔」です。

かなりシュールです。

人々が揺れ動いているように見えます。

今回は、Tシャツにお絵かきします。

渓、早希は、Tシャツに絵を描いています。

早希ちゃんは、スタンプを押しています。

なかなかアートしています。

他の子の作品と一緒に並べています。

渓のTシャツです。

色合いがいいですね。

早希ちゃんのTシャツです。

最後に岡本太郎美術館に行きました。

l

 

 

ところで岡本太郎の作品を見ていると、エヴァンゲリオンの使徒によく似ています。

渋谷駅に飾っている「明日の神話」を見るとそう感じます。

 

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

-8歳

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.