①日々所思(思うところ)

何でこの子はうちに来たのだろう

ダウン症を持って生まれたわが子に対する思いが書かれているブログを見つけました。

お母さんが書かれたもので1歳になるダウン症のある娘がいるそうです。

以下、要約です。

娘の笑顔はとても可愛い。

でも時々、何でこの子はうちに来たのだろうと考える。

お友達が出産しても、おめでとうと言えない。

それはお友達がうらやましいから。

うちの子がダウン症を持っていることを受け止められないから。

健常児がよかった。

娘がダウン症であることを忘れるくらい心から愛せる日がくるのだろうか。

 

このようなことが書かれていました。

 

この方に私たちからかける言葉。

受け入れるのには時間がかかります。

お友達がうらやましいという気持ちを責める必要はありません。

誰もが通る当たり前の感情ですから。

ダウン症であることを完全に忘れることはないかもしれません。

しかし、これからダウン症を持った子の良いところをたくさん知ることになります。

私たちも最初は知りませんでした。

私たちの子は、他の子が悲しんでいると一緒に泣きます。

頭をなでなでしてくれます。

そんな良いところがたくさんあることに後で気づきました。

私たちの子の人間として優しいところを見ていると、自分たちの方が人として下に見えてしまいます。

見習うべきところがたくさんあります。

障がい児だから遅れていると奢っていました。

しかし、わが子を見て遅れていることが悪いことなのかと疑問に思うようになりました。

自分たちの価値観が崩された瞬間です。

あなたは今はそう思えないかもしれません。

でも、ダウン症を持った子と偏見を持っていた自分も受け入れられるときは必ず来ます。

子供に申し訳ないと思わなくてもいい。

これから山ほどいいところが見えてきますよ。

ダウン症を宣告されたときがどん底であるならば、これからはプラスしかありません。

これからは上がっていくだけです。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

オススメ!


-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.