①日々所思(思うところ)

頑なにダウン症のあるわが子を拒絶する人

「ダウン症のあるわが子を見るのが嫌」

ある掲示板に書き込まれてたコメントです。

妊娠中にダウン症と分かった時点で、妻に中絶して欲しいと言っていたようですが妻は、中絶を拒否して出産したそうです。

それが原因で冒頭のコメントのようになったそうです。

妊娠中、夫婦で十分話し合い、お互い納得しないまま出産したことでその後の育児に影響してしまった事例です。

例えそうだとしても、生まれたわが子を見た時、考え方を変える人も多いと思います。

この方は、今でも頑なにわが子を見るのが嫌だと思っているのでしょうか。

妻が中絶を拒絶したことを怒っているのでしょうか。

わが子がダウン症を持っていることが嫌なのでしょうか。

通常は、わが子であれば少しずつでも愛着が出てくるものではないでしょうか。

でもこの方は、嫌だという気持ちを変えられないのでしょう。

この状況を変えるためには、自分自身を変える必要がありそうです。

直ぐには変えられないかもしれません。

時間がかかると思います。

わが子の笑顔を見ていればどんな人でも「嫌」という気持ちは薄らいでいくのではないでしょうか。

ダウン症があろうとなかろうとわが子は可愛いものです。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

 

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.