③ダウン症に関する疑問・悩み

言葉の遅れは気にしない?非言語のコミュニケーション?

更新日:

ダウン症のある私たちの早希ちゃんは、現在、10歳ですがまだ、言葉を喋ることが出来ません。

小さい頃は、1語くらいは喋っていたと思いますが、引っ込んでしまったようです。

しかし、私たちが言っている言葉はある程度、理解しているようです。

早希ちゃんに「お皿片付けて」というときちんと台所に食器を持っていきます。

言葉はコミュニケーション全体のうち、わずか20%しか占めていないと言われています。

早希ちゃんは、私たちの言っている言葉以外に顔の表情、しぐさなども見ているようです。

むしろ、健常児以上にそのような非言語のコミュニケーションが優れているかも知れません。

生まれつき、言語障害のある人は、人の表情、唇の動きで相手が何を言っているのかを理解すると言います。

早希ちゃんも非言語のコミュニケーションで理解しているのでしょう。

特に感情には敏感です。

悲しくて泣いているとき、怒っているときなど、早希ちゃんは敏感に反応します。

また、早希ちゃんにとって味方かどうかも読み取っているようです。

懐く人は直ぐに懐きますが、そうでない人にはそっぽを向きます。

恐らく何かを感じ取っているのでしょう。

早希ちゃんは、言葉は喋れませんが、身振り手振りで相手に伝えようとしています。

今は、それでよいと思います。

マイペースですが、少しずつコミュニケーションが出来るようになってくれれば良いと思います。

 

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

おすすめ記事

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

-③ダウン症に関する疑問・悩み

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.