③ダウン症に関する疑問・悩み

「ダウン症親の会」の人たちはどうして明るいのだろう?

ダウン症がある子供が生まれるとほとんどの親は、「ダウン症の親の会」に入会すると思います。

「ダウン症の親の会」とは、ダウン症者の家族、支援者などが運営する任意団体です。

日本全国にあります。

記事 ダウン症の親の会とはなに?

この「ダウン症の親の会」に入会した際、最初に感じることは、先輩方がとても明るいということではないでしょうか。

ダウン症児が生まれたばかりの親は、まだ気持ちの整理が出来ていない状況だと思います。

なぜ明るく振舞えるのだろうか。

どうやって受け入れたのだろうか。

時間が経てば自分もそうなれるのだろうか。

いろいろと考えると思います。

以前、このブログで行ったアンケート調査では、ショックから立ち直るまでの期間は、子供が誕生してから平均5ヶ月のようですが、人によっては長くかかる人もいます。

記事 ダウン症告知のショックから前向きになるまでの期間は?(ドローターモデルによる独自アンケート分析結果)

とはいっても、「時間が経てば立ち直ることが出来る」という言葉はなかなか受け入れることは出来ないと思います。

とても不安でそこまで考えられないかもしれません。

ただ一つ言えることは、時間が経つとダウン症のある子供がいるということが日常になるということです。

日常になっても、やはり心の片隅にもやもやしたものは残っていることもあると思います。

また、もやもやしたものが全くなくなった人もいると思います。

「ダウン症親の会」の先輩たちは、そんな人たちなんです。

「ダウン症親の会」の新人の方々もやがて先輩パパ、ママとなり、やがては次の新人から「どうして明るいんだろう」と思われることでしょう。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  とても分かりやすく楽しく実践できます。もっと早くこの本を知っていればという方が多いようです。

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

-③ダウン症に関する疑問・悩み

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.