①日々所思(思うところ)

発達が良いダウン症児を見て落ち込み、自分を責めてしまう

更新日:

最近、テレビにダウン症を持った方が良く登場するようになりました。

新聞でも、ダウン症を持った人をよく取り上げられるようになりました。

ダウン症を広く世の中の人たちに認知してもらうために効果的であると思います。

また、そういったテレビ、新聞等に登場するダウン症を持った人たちはとても発達が良いことがほとんどです。

ある意味、ダウン症児の親には希望を与えるかもしれません。

しかし、一方でそういった発達が良いダウン症を持った人たちを見ると落ち込む人もいます。

私たちのダウン症をもった早希ちゃんもそうですが、発達が遅れている子供たちもいます。

10歳ですがまだ、言葉は出てきません。

トイレもまだ行けません。

決して発達が良いダウン症を持った人たちがテレビ、新聞などに出てはいけないということを言っている訳ではありません。

でも落ち込む人は、自分たちの育て方がいけないのかと責めてしまいます。

でも責める必要はありません。

発達が遅いのは誰のせいでもないのです。

わたしの周りにいるダウン症児で特別な事をしていなくても発達が良い子はたくさんいます。

いろんなことをしても、私たちの早希ちゃんのように発達が遅い子もいます。

つまり、育て方が必ずしも発達に影響している訳ではなく、発育がばらつていているのです。

もし、どうしても見るのが辛いのであれば、そういった発達が良いダウン症児を見ないようにするのが良いでしょう。

 

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

おすすめ記事

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.