⑪ダウン症に関するニュース

新出生前診断で陽性の妊婦の97%が中絶

2014年6月に衝撃的なニュースがありました。

ある病院グループの集計結果ですが、新型出生前診断(※)において陽性と診断された妊婦の97%が中絶したというものです。

具体的には、新型出生前診断を7740名が行い、陽性だった妊婦142名のうち、97%にあたる110名が中絶したそうです。

今では、新型出生前診断を受けた妊婦は9割以上は中絶を希望するということが定説となっています。

※新型出生前診断

2013年4月から日本で受けられるようになった検査方法です。

採血することで検査をします。

ダウン症であることの診断精度は、99.1%程度だと言われています。

関連記事 出生前診断とは?

以前、次の記事に当ブログのアンケート結果を載せました。

関連記事 新型出生前診断の是非!アンケートデータ分析結果

 

「身近にダウン症者はいない」方に対するアンケート結果(新型出生前診断は実施するべきか?)

  • 新型出生前診断は止めるべき・・・ 0.0%(0人)
  • 新型出生前診断は実施するべき・・85.7%(6人)
  • どちらとも言えない・・・・・・・14.3%(1人)

 

新型出生前診断を「止めるべき」、「実施するべき」、「どちらとも言えない」を選択した理由

このアンケート結果から分かることは、新型出生前診断を希望する方は多く、その理由は「障がい児が生まれるかもしれない」が最も多くなっています。

これ以上のアンケートは取っていませんが、障がい児だった場合、中絶もその先にあるのだろうと考えています。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

-⑪ダウン症に関するニュース

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.