①日々所思(思うところ)

いじめ問題について

更新日:

仙台の中学生がいじめが原因で自ら命を絶ちました。

こういうニュースを見るたびに子供のときの出来事を思い出します。

私が小学生のときのことです。

友人の兄がいじめに遭っているのを見てしまいました。

私は直ぐに友人の母親にそのことを伝えました。

しばらくして、友人の兄から「何で言ったの?言わないで欲しかった」と言われました。

どうもこういうことのようです。

友人の母は、直ぐに学校の先生に相談したそうです。

その先生は、いじめていた生徒から話を聞いたそうです。

そのあと、友人の兄はさらにいじめにあったそうです。

 

このことで私が得た教訓は次のことです。

  • ①いじめについて密告するとさらにいじめが激しくなる。
  • ②①のため、いじめられた方は報復を恐れ話したがらない。
  • ③学校の先生は、いじめに対処する能力が必ずしもある訳ではない。(その道のプロではない)
  • ④いじめた側の両親は、自分たちの子供がしていることを知らないことが多い。

「いじめられた側にも原因がある」ということをいう先生もいました。

いじめは100%、いじめた側に原因があります。

このように考える先生はまだいるのではないでしょうか。

もし、いじめがあったら逃げることだと思います。

学校は休んでも構わないと思います。

行き過ぎたいじめがあった場合は、警察に被害届を出すのが効果的だと思います。

 

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

おすすめ記事

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.