①日々所思(思うところ)

ダウン症の呼び方とその歴史について

ダウン症という先天性症候群が医学的に解明されるずっと以前、1600年の中世では、ダウン症者を含め、知的障がい者、精神障がい者は、「白痴(はくち)」と呼ばれていました。

この言葉は、私が子供の頃はまだ使われていたと思いますが、今では差別用語であるため、使われることはありません。

ドストエフスキーの「白痴」という小説で見ることくらいです。

パソコン等で漢字変換を使用としても「はくち」は「白痴」に変換されないようです。

1850年代になると、ダウン博士の「白痴の民族学的分類に関する考察(Observations on the Ethnic Classification of Idiots)」により、ダウン症の存在が明らかになりました。

ダウン博士の肖像画

しかし、この時代は、ダウン症のことを「蒙古人症(Mongolism)」または「蒙古痴呆症(mongolian idiocy)」と呼んでいました。

顔の特徴が蒙古人に似ていることからそう呼ばれるようになりました。

しかし、この「蒙古症」という言葉は、人種的偏見、差別があることから、最初に発見したダウン博士の名前にちなんで「ダウン症」と命名されました。

現在では、ダウン症が定着しています。

その他、「21トリソミー」と言う場合もあります。

ネットでは、分かる人だけが分かるように「21t」と表現される方が多いようです。

年配の方では、「ダウンちゃん」と言う方もいますが、この表現は少し違和感があります。

このブログではストレートに「ダウン症児」、「ダウン症者」と表現しています。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.