③ダウン症に関する疑問・悩み

ダウン症を持った人の老後は?まだずっと先だけど気になる

ダウン症を持ったわが子の将来についてです。

ダウン症を持ったわが子よりも先に私たち親が先に逝くということを考えなくてはいけません。

今やダウン症者も短命ではありません。

60歳、70歳まで生きる人が増えました。

ダウン症を持った人の老後はどうなるのでしょうか。

生まれたばかりでそんな先まで考えられないかもしれません。

しかし、気になることではあると思います。

少しは考えておきたいところです。

私たちのダウン症のある早希ちゃんには兄がいます。

兄には将来、早希ちゃんの面倒は見てもらわなくてもよいようにしたいと考えています。

兄には兄の人生があります。

結婚することもあると思います。

結婚する際、早希ちゃんの面倒を見るかどうかは必ず問題として上がると思います。

そのため、兄には早希ちゃんの面倒をみてもらわなくても良いようにしたいと思います。

ただ私たちもいつまでも元気な訳ではありません。

漠然とですがグループホームに入所させて親離れをさせる必要があると思います。

わが子は可愛いですが、いつまでも手元に置いておくのは将来が心配です。

私たちの早希ちゃんはまだずっと先のことですが、今からそのようなことを考えています。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

おすすめ記事

オススメ!

  とても分かりやすく楽しく実践できます。もっと早くこの本を知っていればという方が多いようです。

-③ダウン症に関する疑問・悩み

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.